みのわ町 移住定住応援サイトほどほどの田舎ぐらし

アイコン:移住体験住宅移住体験住宅
アイコン:移住支援制度移住支援制度
みのわを知るみのわに住むみのわで働く移住者の声空き家バンク

みのわを知る ~住みたくなる みのわ町~

 

美味しい町


野菜&くだもの&お米がおいしい!

りんご、ぶどう、ももなどの果物。アスパラ、とうもろこし、夏野菜から冬野菜。一年を通じて、あらゆる地元野菜・果物が出まわります!
長野県の米どころでもあり、酪農やそばでも有名で「美味しい町」と言えるでしょう。

景色が美味しい!

2つのアルプスに囲まれたゆったりと美しい「伊那谷」の風景を望むことができます。

水が美味しい!

箕輪ダムの水は、伊那谷北部5市町村約15万人の水道水として使われています。“上伊那の水がめ”みのわです。
また十沢地蔵尊延名水は町内外にかかわらず多くの人が訪れます。 

 

子育ての町

満18歳まで!1医療機関につき、月額医療費は500円ぽっきり!

高校卒業までのお子さんは(満18歳に達する学年末まで)1つの医療機関にかかる医療費は1ヶ月あたり500円のみです。
*医療機関等にて自己負担金500円を支払います。自己負担分以外の
 福祉医療費は、町から医療機関等へ支払われます。

*院外処方の調剤分は、同一の薬局であっても処方箋を発行した医療機関
 ごとの給付になります。
*制度の詳細はお問い合わせください。

無料の病児&病後保育サービス!

町内の保育園に通っているお子さんは、無料で病児保育、病後保育のサービスが、指定病院で受けられます。働くお父さんやお母さんに嬉しいサービスです。

待機児童ゼロ!!!

町内に8つの公立保育園があり、充実した子育て環境です。送り迎えも家から車で5分!他にも箕輪町では子育て支援制度や取組が目白押しです。



みのわの教育

公立小学校5校、中学校1校、高校(多部制)1校がある箕輪町。中学校は町内の中学生が全員集まるマンモス校です。そんな箕輪町は、社会や仕事のあり方が多様化し、新しい時代に対応できる能力などを子どもたちが育むため、次のような取り組みをしています。

ICT教育
 1人1台のタブレット端末の利用により、より分かりやすい授業と意見の出しやすい環境づくり

自己肯定間の育成
 各学校が作成するアップグレードプランを家庭と学校で共有。「自分はかけがえのない存在なんだ」と思える教育

縦割り班
 小学校1年生から6年生までのグループで一緒に掃除や体験を行い、思いやりの心等を学びます

英語教育
 小学校1年生からネイティブの先生による英語授業

自学ノート
 自分の苦手分野など、自分で学びたい教科や単元を選び自宅学習をすることで、子どもたちの自主性を伸ばします

ふるさと学習
 観光、町のPR、地域の歴史など様々な角度から子どもたちは地域について学び、自分たちで地域のために何ができるかを考え、行動に移すという総合学習があります。より箕輪町や地域の事を知ることでふるさとへの愛着を育みます
 また、地域の方を講師に招き、しめ飾りなどのものづくりの体験や地域とのふれあいを大切にしています

キャリア教育
 地域の事業所での職場体験、米作りや野菜の収穫などといった農業体験などを行い、地域にある職業や地域で働く大人を知ることでキャリア形成や働くことの意味や意義について学びます

 

買い物も便利 コンパクトシティ

生活圏マップ

スーパー、ホームセンターなどの商業施設も充実!

町の中心部まで車で10分ほど。全国や地元チェーンのスーパーが5店舗あり、地元の朝採れ野菜も並び、品ぞろえも豊富です。さらには直売所もあり、どこでも新鮮でおいしい食材が手に入ります。また、ホームセンターやドラッグストア、家電量販店、100円ショップ、コンビニなど日常生活には困らないほど商業施設も充実しています。

電車と”地域の足「みのちゃんバス」”

町内にはJR飯田線の駅が3つあります。町内には町内循環バス「みのちゃんバス」があり、町の主な施設や買い物エリアを回っているほか、各地区に住む中学生の登下校にも利用されています。

病院、各クリニックが近くにあって安心!

上伊那生協病院をはじめ、内科、小児科、整形外科、歯医者などのクリニックが20か所ほどあります。様々な専門クリニックが町内にあり、症状に応じて受診ができるので安心です。

ファームテラスみのわ

地域の新鮮な野菜が集まる「ファームテラスみのわ」



新鮮な農産物が並ぶ農産物直売所「ファームテラスみのわ」

 

安心&安全の町

全国の町村発!セーフコミュニティ認定を取得!

セーフコミュニティとは、スウェーデンで始まった取り組みで、「事故やけがは偶然の結果ではなく予防できる」という理念のもと、地域住民と行政等が協働して「地域の誰もがいつまでも健康で幸せに暮らせるまち」を創ることを目指しています。
箕輪町では全国の町村で初、国内で4番目にWHO(世界保険機構)協働センターの認定を取得し、安心&安全の町づくりを行っています。

地域の見守り隊!

小学校の登下校時になると、地域の方が街頭に立ってくれています。箕輪町には全ての小学校にボランティアの「見守り隊」が結成されていて、子どもたちの安全を見守ってくれています。

子どもたちの下校時に街角に立つ「見守り隊」

生涯現役の町

 

元気はつらつ!シニア世代

企業戦士だった方も、退職後は家の畑で野菜やりんごを育てたり、地区のお祭りやサークルを楽しんでいます。
80代、90代の方も生涯現役!シニア世代も元気な町です。

みのわ健康アカデミー

中高年の方向けの「健康づくり日本一の町」を目指した取り組みです。栄養士や健康運動指導士など豪華スタッフによる指導を受け、トレーニングや健康について学びます。
仲間づくりをしながら、皆さん楽しく通っています。事業に取り組み始めて11年の平均をとると、卒業生は腹囲マイナス3.5cm、体重マイナス3kgの減量に成功しています。

お孫さんとそば打ち!!

お孫さんとそば打ちも