新型コロナワクチンの接種について


武田社ワクチン(ノババックス)が接種できるようになりました

武田社ワクチン(ノババックス)について
(1)ワクチンの種類
 ・「組換えタンパクワクチン」です。
 ・組換えタンパクワクチンは、不活化ワクチンの一種であり、B型肝炎ウイルスワクチン
  など、ほかのワクチンでも使用実績があります。
(2)ワクチンの有効性
 ・新型コロナウイルス感染症の発症を予防します。
 ・初回接種(1回目・2回目接種)における臨床試験の結果、約90.4%の発症予防効果が
  確認されています。
 ・追加接種(3回目接種)については、2回目接種14日後より3回目接種28日後の方が、
  中和抗体価が約4倍高く、一定の有効性が期待できるとされています。
  ※上記については、いずれもオミクロン株が流行する前のデータです。
  ※ワクチン接種を受けても、発症等を完全に予防できるわけではありません。
   引き続き、適切な感染防止策を行う必要があります。
(3)ワクチンの安全性
 ・主な副反応は、頭痛、関節や筋肉の痛み、注射した部位の痛み、疲労、寒気、発熱等が
  あります。また、まれに起こる重大な副反応として、アナフィラキシー等があります。

武田社ワクチン(ノババックス)の接種対象者

・18歳以上の方
・1~3回目接種を受けようとする方(4回目接種には使用できません)
※ポリエチレングリコールのアレルギーにより、mRNAワクチン(ファイザー社ワクチン
 および武田/モデルナ社ワクチン)が接種できない方も、接種が希望できます。
※新型コロナワクチンの1回目接種後の副反応等により、2回目接種を控えていた方は、
 接種ができる可能性があります。新型コロナワクチン予約専用電話0265-79-3190まで
 ご相談ください。

接種間隔とワクチンの種類

・1回目接種→2回目接種:3週間空ける
 ※原則、同じワクチンを接種。
・2回目接種→3回目接種:6か月空ける
 ※1回目・2回目に用いたワクチンの種類に関わらず、武田社ワクチン(ノババックス)の
  接種が可能。
・4回目接種に武田社ワクチン(ノババックス)は使用できません。

接種会場と日程

・接種会場:しろざき内科クリニック
・日程:令和4年7月9日(土)・令和4年7月30日(土)
★予約方法
・インターネット予約(https://jump.mrso.jp/203831/



・電話予約 新型コロナワクチン予約専用電話 0265-79-3190
※医療機関へのご予約・お問合せはしないようお願いいたします。

※今後、ワクチン入荷に応じて、接種会場・日程が増えていく可能性がございます。
 武田社ワクチン(ノババックス)の接種をご希望の方は、新型コロナワクチン予約専用電話
 0265-79-3190にご相談ください。
※長野県設置の接種会場でも、武田社ワクチン(ノババックス)の接種を受けることが可能
 です。こちらから予約してください。

参考

厚生労働省パンフレット【武田社ワクチン(ノババックス)】 (5,652kbyte)pdf
新型コロナワクチン予防接種についての説明書(武田社ワクチン初回接種用) (794kbyte)pdf
新型コロナワクチン予防接種についての説明書(武田社ワクチン追加接種用) (806kbyte)pdf
厚生労働省ホームページ

1 4回目 新型コロナワクチン接種 のお知らせ

4回目接種が受けられるようになりました。接種費用:無料(全額公費)

(1)目的:新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化予防
(2)対象者
  ①60歳以上の方
  ②18~59歳の基礎疾患を有する方 *基礎疾患については下記参照
  ③その他 重症化リスクが高いと医師が認める方
(3)使用ワクチン:ファイザー社製ワクチン 及び モデルナ社ワクチン
(4)接種間隔:3回目接種から、少なくとも5か月以上空けること

★接種券(予診票)の送付と予約について

(1)65歳以上の方
 ①時期になりましたら予診票(接種済証)を送付します。
 ②日時と場所を指定した案内状を同封します。(届いたら中身を確認してください)
  不都合があれば、変更も可能です。0265-79-3190にお電話ください。
 ③指定された日時・場所に行き、接種を受けましょう。

(2)60~64歳の方
 ①時期になりましたら予診票(接種済証)を送付します。
 ②予診票(接種済証)が届いたら、予約をします。
 ・インターネット予約
  https://jump.mrso.jp/203831/

 

 ・電話予約 0265-79-3190
 ③予約した日時・場所に行き、接種を受けましょう。

(3)18~59歳の基礎疾患を有する方 → 申込みが必要です
 ①箕輪町役場に申込みをします。
 ・ながの電子申請
  https://s-kantan.jp/town-minowa-nagano-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=21993

 ・電話 0265-79-3190
 ・役場窓口 健康推進課(4番窓口)
  ※申込み時には、該当する基礎疾患、氏名、生年月日、3回目接種日、接種券番号
  (004から始まる10ケタの数字)、連絡のつく電話番号が必要です。
 ②役場から予診票(接種済証)が届きます。
 ③予診票(接種済証)が届いたら、予約をします。
 ・インターネット予約
  https://jump.mrso.jp/203831/

 

 ・電話予約 0265-79-3190
 ④予約した日時・場所に行き、接種を受けましょう。

(4)18~59歳の基礎疾患を有しない方
 4回目接種の対象者ではありません。
 ※厚生労働省では、引き続き対象者について、様々な情報を収集し、検討を続けます。
  対象者等に変更があった場合、お知らせをいたします。

「基礎疾患を有する方」は申込みをしてください

A 以下の病気や状態で、通院/入院している方
 1 慢性の呼吸器の病気
 2 慢性の心臓病(高血圧を含む)
 3 慢性の腎臓病
 4 慢性の肝臓病(肝硬変等)
 5 インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
 6 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
 7 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
 8 ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
 9 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
 10 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態
   (呼吸障害等)
 11 染色体異常
 12 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
 13 睡眠時無呼吸症候群
 14 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持
   している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や
   知的障害(療育手帳を所持している場合)

B 肥満の方(基準:BMI30以上)
 BMI=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}

2 5歳~11歳の方への接種(小児接種)について

 5歳から11歳までを対象とした小児の新型コロナワクチン接種を、令和4年3月より開始しています。小児用ワクチンは、現時点でオミクロン株に対する発症・重症化予防効果のエビデンス(科学的根拠)が必ずしも十分でないことから、接種は「努力義務」の適応になっていません。感染症予防等ワクチンの有効性や副反応をご確認のうえ、小児用ワクチン接種についてご判断ください。

対象者

箕輪町に住民票がある5~11歳

使用するワクチン

ファイザー社の5~11歳用ワクチンを使用します。
通常、3週間の間隔をあけて、合計2回接種します。
(ファイザー社の12歳以上のワクチンと比べ、有効成分が1/3。)

ファイザー社ワクチン(5~11歳用)の有効期限について

 ファイザー社ワクチン(5~11歳用)については、-90℃~-60℃での有効期間は9か月となっております。他方、有効期間を6か月とすることが検討されていた時に、有効期間が印字されているワクチンが準備され、日本に輸入されています。これらのワクチンについては、その後下記の「接種に活用して差しつかえない期限」まで使用することが可能です。
ファイザーワクチン(5~11歳用) 
ロットNo. 印字されている有効期限 接種に活用して差しつかえない期限
FN59882022/4/302022/7/31
FP03622022/5/312022/8/31
※有効期限6か月という前提で印字されているワクチンはこの一覧に記載されているもののみです。

小児(5~11歳)の接種による副反応

 ファイザー社のワクチンは、12歳以上の方と同様、接種部位の痛み、倦怠感、頭痛、発熱等の症状が確認されています。ほとんどは軽度~中等度です。多くの方に「接種部位の痛み」が出現しています。「発熱」は10%程度の方に出現しています。
 米国CDCのデータによると、5~11歳の方の2回目接種後の症状は、12~15歳の方の接種後と比較して、その発現割合が低かったとの報告もあります。

接種前の注意点

・「5~11歳用新型コロナワクチン」と「12歳以上用新型コロナワクチン」は、ワクチンの種類が違います。現在11歳の方は、予約時に注意してください。(詳細は予診票に同封した通知をご覧ください。)
・保護者の同意が必要ですので、予診票に必要事項を記載のうえ、保護者の署名をお願いします。
・接種当日は保護者の同伴が必要です。
・接種済証・予診票・健康保険証・母子健康手帳を、ご持参ください。

接種後の注意点

・当日は、入浴していただいて構いませんが、接種部位を強くこすらないようにしましょう。
・ワクチン接種後の発熱に対して、日本小児科学会では、下記のように示しています。
「ワクチン接種後の発熱は、ほとんどが接種当日から翌日にかけてみられ、1日程度で解熱する場合が多いとされています。程度が軽い場合は、冷却などで様子をみていただくことでかまいません。発熱の程度に応じて解熱薬を使用することもできます。子どもで安全に使用できる解熱薬として、アセトアミノフェンがあげられます。サリチル酸系、ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸などの解熱剤は、インフルエンザや水痘などのウイルス感染時に使用した場合の急性脳症発症や重症化との関連の可能性があるため、使用を控えてください。熱性けいれんを起こしたことがある場合、何らかの病気で治療を受けている場合、薬などでアレルギー症状を起こしたことがある場合は、発熱時の対応について事前にかかりつけ医にご相談ください。発熱が長く続く場合、発熱以外の症状もある場合などもかかりつけ医の先生にご相談ください。」

参考

厚生労働省 5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ
厚生労働省 リーフレット (3,820kbyte)pdf
ファイザー社の新型コロナワクチン接種についての説明書(小児(5~11歳)接種用) (1,045kbyte)pdf

厚生労働省(外部サイト)

3 1、2回目接種について(12歳以上)

集団接種は終了しました。
今後は、主に12歳を迎える方向けに月1~2回程度接種日を設ける予定です。
接種を希望する方は、コロナワクチン専用電話☎0265-79-3190(平日8:30~17:00)にご連絡ください。

長野県の接種会場(モデルナ社製ワクチン)は、12歳以上の方が予約をすることが出来ますので、併せてご検討ください。
詳しくは、長野県ホームページをご覧ください

4 3回目接種について(12歳以上)

対象者

2回目接種を完了した日から、5か月を経過した12歳以上の方

※令和4年3月25日から、ファイザー社ワクチンの3回目接種対象年齢が「18歳以上」から「12歳以上」に拡大されました。
※モデルナ社ワクチンの3回目接種対象年齢は「18歳以上」です。

使用ワクチン

ファイザー社ワクチン・モデルナ社ワクチン
・12~17歳の方 → ファイザー社ワクチン
・18歳以上   → ファイザー社ワクチン・モデルナ社ワクチン  のどちらか

接種前の注意点

・12~15歳の方
予診票の署名欄に「保護者の署名」と「本人の署名」をお願いします。
電話番号欄には保護者の方の電話番号を記入してください。
接種当日は保護者の同伴が必要です。
・16~19歳の方
予診票の署名欄に「保護者の署名」と「本人の署名」をお願いします。
必ずしも保護者の同伴は必要ではありませんが、電話番号欄には接種の時間に保護者の方に必ずつながる電話番号を記入してください。 
・接種済証・予診票・本人確認できるもの(健康保険証など)を、ご持参ください。

接種後の注意点

・接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分は強くこすらないようにしましょう。
・接種後、数日以内に、接種部位の痛み、筋肉痛、頭痛、発熱などの症状が現れることがあります。
・発熱や痛みに対しては、市販の解熱鎮痛剤(アセトアミノフェンやイブプロフェンやロキソプロフェン等)で対応いただけます。
※妊娠・授乳中の方、胃潰瘍・腎機能障害・喘息などの持病のある方は、薬剤師や医師にご相談ください。症状が重い場合、長引く場合は、医療機関等への受診や相談をご検討ください。
・接種後も、マスクの着用など、感染予防対策の継続をお願いします。

予診票の発送

2回目を接種した月をもとに、接種可能な時期が近づいた方へ順次お送りします。
予診票の送付目安(状況により変わることがあります。)
2回目接種完了月 予診票のお届け月 3回目接種月
令和3年5月令和3年12月(発送済)令和4年1月
令和3年6月令和4年1月(発送済)令和4年2月
令和3年7月令和4年2月(発送済)令和4年2月
令和3年8月令和4年2月(発送済)令和4年2月
令和3年9月令和4年2月(発送済)令和4年3月
令和3年10月令和4年3月(発送済)令和4年4月
令和3年11月令和4年4月(発送済)令和4年5月
令和3年12月令和4年5月(発送済)令和4年6月
「予診票のお届け月」に予診票が届かない場合は、役場健康推進課(TEL:0265-79-3118)までご連絡をお願いします。

以下に該当する方は、役場健康推進課へご連絡をいただくか、申請書を提出してください。
・他市町村で2回目接種後に箕輪町へ転入した方
・追加接種(3回目)接種券を送付後に紛失、滅失、破損等した方
・海外で、日本で承認されているワクチンを2回接種した方(ファイザー、モデルナ、
 アストラゼネカ)
・接種券が届かない方(接種記録の誤り等により未発行の場合があります。)

○発行申請書(PDF形式 (542kbyte)pdfWord形式 (23kbyte)doc

5 接種券の発行について

予診票の再発行

紛失等により再交付が必要な場合は、申請書を記入し窓口または郵送で提出してください。
※箕輪町に住民票のある方のみ
○発行申請書(PDF形式 (542kbyte)pdfWord形式 (23kbyte)doc

箕輪町に転入する方

転入後の接種には、箕輪町から発行した予診票等が必要です。
転入手続きの際に健康推進課(4番窓口)へお寄りください。
持ち物:前住所地から発行された接種券(予診票)
    1回目、2回目のワクチン接種の事実がわかるもの

箕輪町から転出する方

転入先市区町村の案内をご確認のうえ、新たに接種券(予診票)の発行を受けてください。

6 住所地外での接種について

原則として住民票所在地で接種することとなっておりますが、次のような方は、住民票所在地以外でのワクチン接種が可能です。

・住民票所在地市区町村外の医療機関や施設に入院している方
・入所中で、その医療機関や施設でワクチン接種を受ける方
・基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける方
・副反応のリスクが高い等のため、医師の判断により、体制の整った医療機関での接種が
 必要な方
・単身赴任、下宿などにより、お住まいが住民票所在地と異なる方

申請の方法

窓口に「住所地外接種届」と「住所地から発行された接種券(予診票)と接種済証」を提出してください。箕輪町での予約方法をお伝えします。
○住所地外接種届(PDF形式 (385kbyte)pdfWord形式 (18kbyte)doc

7 接種証明書について

 予防接種法に基づいて各市町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものです。
 「パスポート情報等を記載した海外用及び日本国内用の接種証明書」と「パスポート情報等の記載の無い日本国内用の接種証明書」の2種類が、書面又は電子版で交付可能です。
 なお、接種証明書のデジタル化開始以降も、渡航先への入国に当たり、これまでに取得された書面の接種証明書は引き続き有効です。ただし、一部の国においては二次元コードが必要な場合も考えられることから、海外渡航の際には渡航先政府のウェブサイトや外務省のウェブサイト等を確認ください。

①電子(スマートフォン)版の申請について

スマートフォン上の専用アプリからの申請が可能となり、スマートフォン上で二次元コード付き接種証明書(電子版)が発行されます。
・スマートフォン上での申請にあたり、マイナンバーカードによる本人確認が必要となります。
・専用アプリは、App store及びGoogle Playで公開されています。
・接種証明書アプリの利用方法等について、詳しくはデジタル庁ホームページをご覧ください。
 https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert

注意事項・その他
・自動交付ができない方
 以下に該当する方は、電子版の証明書発行ができないため、窓口で書面版を申請してください。
 ・マイナンバーカードをもたない方
 ・スマートフォンをもたない方
 ・旧姓、別姓、別名の併記がある方
 ・DV被害者等の要配慮者
 ・旅券以外の渡航文書で請求する方
※VRS(ワクチン予防接種記録システム)へ正常に記録されていない等の理由で発行できない場合があります。上記に該当しない方で自動交付できない方は、役場健康推進課(0265-79-3118)までお問い合わせください。
・券面事項入力補助用暗証番号は3回間違えるとロックされます。
 初期化(ロック解除)するためには、市町村窓口(役場住民環境課)での手続きが必要です。

②書面版の申請について

対象者
予防接種法に基づく新型コロナワクチン接種時に箕輪町に住民票があった方

申請方法
次の書類を郵送、または窓口に持参してください。
(1)予防接種証明書交付申請書(PDF形式 (73kbyte)pdfExcel形式 (37kbyte)xls
(2)旅券(パスポート)の写し(海外用申請のみ)
   顔写真氏名記載部分が確認できる部分のコピー(渡航時点で有効なもの)
(3)接種クーポン券の写し
(4)マイナンバーが確認出来るもの(接種クーポン券無しの場合のみ)
(5)ワクチン接種事実を証明する書類
   接種済証、接種記録書、予診票の写しなど
(6)委任状(代理人による申請の場合)(PDF形式 (67kbyte)pdfWord形式 (14kbyte)doc
(7)代理人の本人確認書類(写し)
(8)切手を貼付した返信用封筒(郵送を希望する場合)
(9)返送先住所が記載された本人確認書類の写し(郵送を希望する場合)

申請先
(1)窓口申請
   箕輪町役場 健康推進課(4番窓口)
   受付時間 平日午前8時30分~午後5時15分
(2)郵送申請
   〒399-4695
   長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪10298番地 
   健康推進課健康づくり支援係 宛

注意事項・その他
・発行までに通常約1週間要します。接種記録の確認に時間を要する場合などは、それ以上
 かかりますのでご注意ください。
・接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポート番号が一致する
 必要があります。旅券発給申請中または更新の予定がある方は、パスポートが交付された後
 に接種証明の申請をしてください。
・防疫措置の緩和等が認められる国や地域の最新の状況は、外務省のホームページを確認して
 ください。

外務省 海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html
厚生労働省 新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(接種証明書)について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html

お問い合わせ

町ワクチン専用電話(予約、日程変更、キャンセル)
TEL 0265-79-3190(平日8時30分~午後5時まで)

健康推進課健康づくり支援係(その他お手続きに関すること等)
TEL 0265-79-3118(直通)
FAX 0265-79-0230(代表)

ワクチン接種に関する不安や、副反応についての相談など

長野県ワクチン相談センター相談
TEL 026-235-7380(24時間無休)
FAX 026-403-0320 (9:00~17:00 土日・祝日を除く)

関連リンク

新型コロナワクチンについて(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html
新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/
やさしいにほんごの資料(しりょう)(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_yoshinhyouetc.html
新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種について(長野県)
https://www.pref.nagano.lg.jp/kansensho-taisaku/vaccine.html
教えて!新型コロナウイルスワクチン(長野県)
https://www.pref.nagano.lg.jp/kansensho-taisaku/vaccine/osiete_pfizer_moderna.html
このページの先頭へ